「誰アク」プロジェクトいろいろ

(2022年4月~)

「誰アク」プロジェクトいろいろは、
大学におけるアクセシビリティ保障の質向上と対象拡大(インクルーシヴデザイン化)を
目指しています。具体的には、

(1)大学において、構成員が「等しく」アクセスするとはどういうことか?

(2)大学は、「何に対する」アクセシビリティを保障すればよいのか?
(3)大学は、「誰の」アクセシビリティを保障すればよいのか?

について検討、実践に取り組んでいます。


【第2弾】「大学における『誰一人取り残さない』ためのアクセシビリティを考えるーすべての授業に字幕を」(2024年4月~)

法学部「2024年度授業方法開発支援」による取組みです。

動画配信システムの自動作成字幕により、今や、動画への字幕付けは、特別な技術やコストをかけることなく実現することが可能です。ただ、音声認識の精度も飛躍的に向上しているとはいえ、話し方や内容によっては、人の手による修正が必要です。
対面授業におけるリアルタイム字幕についても、音声認識アプリの利用により比較的容易に実現できますが、やはり人の手による修正が必要であり、こちらは即時性との関係で動画の修正よりは少し技術が求められます。
「すべての授業に字幕を」は、同志社バリアフリープロジェクトで掲げた目標の一つですが、あらためて、この課題に取り組みたいと思います。

バーチャル教室の運営

oViceのバーチャル空間を利用して、オンライン上に、バーチャル教室を設置。リアルの教室に限りなく近い環境でのグループワーク、ディスカッションの実施を試みました。

アバターによる授業参加

分身ロボットOriHimeNice Cameraのアバターを利用し、「授業で呼ばれたい名前(誰アクネーム)」を使う等、「誰もが参加しやすい」環境づくりを試みました。

バリアフリーフォーラム2022に参加

京都大学バリアフリーフォーラム2022のオープンセッションに参加。
「『場』としての授業へのアクセシビリティ―『アバター(分身)』による参加の可能性を探る」というテーマで発表しました。

関連講演その他

同志社大学2022年度 FD研修会「授業へのアクセシビリティを考える~誰もが「平等」に「参加」できる授業を目指して」(CLF report(同志社大学学習支援・教育開発センターレポート)Vol.34(2023年)3頁)。
同志社大学政法会第6回政法講座「『みんなちがって みんないい』への挑戦~民間事業者における合理的配慮の義務化に関連して~」(2023年12月2日・梶山玉香)等。